ホームページを見て下さりありがとうございます。
私が働いてきた整形外科では、変形性関節症(膝関節、股関節、脊椎)や腰痛、しびれ、40肩・50肩、人工関節の手術後や靭帯再建の手術後、骨折後、など様々な患者様が来院され、リハビリを行ってきました。そこで培った、知識と技術を困っている皆様に提供できればと考えています。
また、困っている事や悩んでいること、医学的な原因や今後どうすれば良いのかなど相談にのり、心身共に元気になってもらいたいと思っています。
整形外科で理学療法士として培った技術を皆さんに提供致します。

施術の流れ

腰痛・膝の痛み改善、側弯症専門運動指導

P1070502.JPG

問診

「何に悩んでいるのか…」「どんなことに困っているのか…」「そのことで、どんな支障がでているのか…」

当院では、しっかりと悩み、話を聞くことに時間をかけます。

病院では後に患者さんが待っているため、聞きたくても聞けない、聞ける雰囲気ではないといったことが多々あります。困っていることと、今の現状(生活の背景や仕事、既往歴など)がどのように体に影響しているのかを考えていきます。

問診で得られる情報は、症状改善の6~7割を占めています。

相手の気持ちに寄り添って、一緒に解決していきます。

評価

問診で得られた情報から、体の評価を行っていきます。

例えば、「歩いていると膝の内側が痛い」といった訴えがあったとします。

まず初めに、どのように歩くのかをチェックします。そのとき、膝の向きがどうなっているのか、捻じれが起きているのか、体重がしっかりと乗っているのかなど、膝だけではなく、全体をチェックします。

その後、ベット上で、筋肉の状態や関節の状態などをチェックして、膝にどのようなストレスがかかっているのかを総合的に判断し、根本原因を見つけます。

施術

評価で得られた情報から、施術していきます。人により、体の使い方は異なり、筋肉の状態や関節の状態も違います。その人に合った施術内容を選択し、根本原因を改善できるよう進めていきます。

また、歩くといった動作が変わらなければ膝へのストレスはかわりません。そのため、どのように体重を乗せるのか、どこで踏ん張るのかなども一緒に行い、体のバランスを整えていきます。

運動・生活指導

施術効果の持続性は、その人の筋力量や柔軟性によって異なります。筋力・柔軟性がなければ、元に戻りやすいです。

筋肉が付き始めるのは約2ヶ月、柔軟性が出てくるのが約3ヶ月と言われています。そのため、当院ではその人に必要な運動やストレッチなど、家でもできる改善方法を指導し、元に戻らない体造りを提供します。

また、生活の中での注意点なども指導し、根本原因が改善する方向へと導きます。

痛みのある方
側弯症の方
​パーソナル・グループトレーニング