top of page

過去の怪我や手術は今の痛みと関連する


 学生時代にスポーツで足を捻挫してギブス固定していたことがある。

そんな方が腰痛を訴えて、来院されることは珍しくありません。

過去の怪我や手術歴などが原因で、他の関節に負担がかかることが多々あります。


 重度の足の捻挫は、足首周りが固まり可動域が低下します。

ヒトが動くとき、足の可動域低下を他の関節が補わなくてはいけなくなります。

その関節は、普段よりも動かす量が多くなり、それが毎日、何カ月、何年と続けば、いずれ過剰なストレスとなり、痛みとなります。

この場合、「腰痛だから腰の施術」ではなく、「足の施術」が正解になります。

腰の施術をしても、足首のせいで、また動かし過ぎる状況は変わりません。


 当院では、問診で過去の怪我や手術歴などを詳しく聴取し、それが今の不調とどう関係しているかを考え、施術します。

全く、関係のない場所から施術することもありますが、それは過去の怪我や手術から影響を受ける場所であり、筋膜や関節の繋がり、運動の繋がりで、不調の根源となるのです。



閲覧数:30回0件のコメント

Commentaires


bottom of page