top of page

体幹の安定に必要な腹腔内圧とは?


前回の投稿で「腹腔内圧」という用語が出ましたが、いったいどういうものなのか?


腹腔内圧は簡単に言えば「お腹の中の圧力」のことです。

風船は空気を入れることで膨らみ、その空気を逃がさないように周りのゴムで壁を作ります。

人間も同じように、息を吸うとお腹が膨らみ、その圧を前では腹筋が、後ろでは背筋が壁となり圧を留めておきます。

風船は膨らむと、押しても捻っても直ぐに戻ろうとしますが、この反応はヒトの体幹でも同じです。

つまり、お腹で圧がしっかりとキープできていればブレずに安定することができます。


お腹の圧を高める重要な筋肉は“横隔膜”です。

横隔膜をしっかりと働かせるられれば腹腔内圧は高まり、体幹は安定します。

肩こり、首の張りはもちろん、腰痛にも効果的です。


腹圧は高められていますか?


閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page